どのくらい外貨を持っていればいいの?

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

どのくらい外貨を持っていればいいの?

伊奈さん

海外居住者・駐在員としてタイでの生活を送られている方は、日本のニュースだけではわからない変化が海外で起こっていることを実感されているのではないでしょうか。

私も各国で暮らすいろんな方の相談を受けていますが、海外居住の日本人の方でも保有している通貨のバランスが良くないと感じています。

日本円の保有率が高すぎます。

「今は海外に住んでいるけど、老後は日本に住むのだから日本円だけ持っていればでいいんじゃないの?」

そのようなことをおっしゃる方もいらっしゃいましたが、はたしてそれでいのか。

実は日本国も一定割合は外貨を保有しています。企業も外貨を稼ごうと海外に進出しています。

ではあなたの家庭はどうですか? どのくらいの外貨を保有するのがいいのでしょうか?

ご自身の将来のために、ぜひ動画をご覧いただければと思います。
https://www.youtube.com/channel/UCSyZzj1jGzDdYahX84J8FcQ


伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る