単利と複利 大きな違い

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

単利と複利 大きな違い

伊奈さん

金融用語のひとつに『金利』があります。 金利と聞くと「計算が面倒だ」、「聞いたことはあるけど難しそう」 といったイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。 そこで金利にはどんな種類があるのかをシンプル化して解説していきます。

資産運用の単利と複利

金利には『単利』と『複利』があります。 海外資産運用や外貨運用をする際には複利での運用がおすすめです。

単利
単利は運用で得た利子を元本に組み入れません。当初の元本のみに利子がつきます。  
複利
複利とは運用で得た利子を元本に組み入れます。毎年元本が大きくなるので、運用年数が長ければ長いほど利子が増えていきます。
長期投資の力
もうひとつ重要なポイントは『時間』です。
複利の効果は年数をかけることによって発揮されます。金利が元本に組み込まれた分、次年度受け取る利子が大きくなるわけです。受け取った利子は再投資して元本を増やし、時間をかけることによって資産が形成されていきます。運用した成果を再投資すると、じっくりと資産が増えていきます。まるで漢方のように、じわじわと効果が表れていくでしょう。

海外の保険商品などは利率が高いので、複利の効果も大きいです。駐在員として海外生活を送っているのであれば、ぜひ検討してください。


伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る