いらない保険 いる保険
いらない保険 いる保険

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

いらない保険 いる保険

伊奈さん

こんちには。
Insurance110の伊奈です。
今回は、本当に必要な保険についてのお話です。

この仕事をしていると、本当に必要なのかというくらい保険に加入されている方をお見かけします。よくあるパターンが、日本で保険相談をしたら不安を煽られて言われるがままに加入している方が結構いるなという印象です。

本当に必要な保険って何なのでしょうか?保険というのはリスクトランスファーの仕組みです。自分で許容できないリスクは保険会社に移転するということです。

なんだかよくわからないと思われそうですが、自分のお金では払えない部分を保険でカバーすると考えていただければいいと思います。例えば自動車事故を起こして多額の賠償金を払わなくてはいけなくなった時に、自己資金から払いますという人はほとんどいないかと思います。

一方、風邪で通院した時の治療費が払えませんという人もいないかと思います。(タイで日本語が通じる病院などに行くと割高ですが…)

前者で言えば保険に加入していないと大変なことになると思いますが、後者であればその分を貯金していれば、必ずしも保険で備える必要はないということになります。どこまでを保険で備えるのかは人それぞれになりますが、一つの考え方として知っておくと、本当に必要な保険なのかどうか判断材料の一つになりますね。

伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る