どこまで進むの?この円安
どこまで進むのこの円安

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

どこまで進むの?この円安

伊奈さん

こんにちは、Insurance110の伊奈です。
9月6日時点で1ドル143円台にまでなりました。
円安が進めば進むほど外貨で運用しているあなたの金融資産は勝手に増えていっている状況です。
まだ始めていないあなたは、どうしますか?

さて、今回の円安は各国との金利差が原因で円だけが弱くなっている傾向があります。日本の銀行に預けている預金は金利が低いためインフレにはついて行けず、資産としては目減りしてしまう状況になっています。

そんな中、岸田政権で改めて「貯蓄から投資へ」というキャッチフレーズを持ち出してきました。もちろん投資知識のある人は問題ないのですが、ほとんどの方は知識がなく下手すると金融機関の食い物にされる恐れがあります。

銀行に勧められるがままに投資信託を買ったら全然増えなかった。金利が高い定期預金と思っていたら実は外貨建て保険だった。などなど苦情が出ており日本でも問題になっています。理解できない人に売るな!というのが私の意見ですが、買う側の知識不足という部分も捨てきれません。

これは日本の教育が原因でもあり、今回金融庁が示す3つの柱の一つに金融教育の普及も含まれています。これで私たちの子供の世代になれば少しはマシになるのかなと思いますが今を生きているあなたはどうしますか? 勉強していざ始めようってなるころにはもうお爺ちゃんになんて笑えない事態になりかねません。



今は円安だから始めるのはちょっと…なんて方も
これ以上円安になる可能性もゼロではないということも考慮しましょう。

伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る