“みんなのキレイがやりがい” 美容業界37年、肌の専門家

素肌とは思えない明るく透明感ある肌に、凛とした佇まい。技術師として
美容を研究し続け、37年。美と健康にやさしい「Dr. Recella」の
タイ法人代表・萬(よろず)美代子さんから生み出される“輝き”とは。

要らないものを、肌に入れないーーーー洗う・整える・守る。萬さんが辿り着いた答えは、とてもシンプルでした。
「余計なものを重ねて隠すのではなく、汚れたら丁寧に洗う。生活リズムから肌の調子を整える。紫外線や排気ガス、睡眠不足といった外的要因から肌を守る。細胞レベルから肌を健康に保つのって、難しいことをするでも、たくさんの商品を使うでもなく、本当にシンプルなのよ」。

そう話す萬さんの肌は、“奇跡の水”と日本で10代から80代まで幅広い支持を集める「Dr. Recella」を体現するかのような透明感とハリ。「さまざまな情報が氾濫している世の中ですが、誤った美容情報に惑わされている方々を“正す”のも、私たちの仕事です」。毎日、伊勢丹バンコク1階の店舗に立ち、国籍問わず多くのお客さんと向き合い、“会話”をする萬さん。肌の外側だけで判断するのではなく、話をする中で問題点や悩みを見つけ出す。そして、コミュニケーションをとり続けることで、その人自身のコンプレックスを引き出し、改善へと導きます。

「キレイになるための技術を提供するのはもちろんですが、私たちにとって重要なのは結果も含めて納得してもらい、信頼してもらうこと。一度お越し頂ければ、商品の良さ、本物の技術に気づいてもらえると思っています」と自信を覗かせます。“二人三脚”で健康に、キレイになる。

それが、萬さんのスタイルです。

世界で戦う女性が
もっと輝けるように

「美顔術師、12万」。萬さんを美容の道に誘ったのは、小さな新聞広告の7文字でした。「当時は、上京したばかりの田舎娘。顔中ニキビだらけだったし、太っていたし、コンプレックスの塊だったけれど、その広告の文字を見てすぐに、美容業界で働こうと決めました。エステティシャンという言葉もない時代、美容に関しての知識も全くなかったのに」。

そう笑いながら話す姿に、当時の面影はありません。 自分自身を変えたいのに変えられない。そんな現状からの脱却でもあったんだと20歳の自分を振り返ります。美容の道を選んだのは自分のため。そう思っていた萬さんですが、いつしか周りを喜ばせるためでもあったんだと気づきます。そしてこれまでに培ってきた知識も経験も、周りに伝えていきたいと。

「死んだら何も持って行けないじゃない。だから、その前に出来る限りのことを伝えていきたいですし、もし美容のことを教える人がいないなら、私が教えに行きたい。そうして、タイに来たのよ」。

タイ法人を立ち上げて現在3年目。最近やっと少しずつ体制が整って来たと、萬さんは顔をほころばせます。「私は今、タイに住まわせてもらっています。日本のやり方云々ではなく、タイの人たちに合わせた伝え方が必要ですし、それがタイへの恩返しだと思っています。クリニックへの卸し売りも始め、徐々にうちの商品を使う場を増やしていければ。まさに、これからがスタートという気持ちです」。

また、美容家として活動する傍ら、海外で活躍する女性支援にも力を注ぐ萬さん。WAOJE※バンコク支部で今年4月から始まった「なでしこ会」では代表を務め、タイに住む日本人女性の得意分野を生かした講習会を開いています。「この会を通して、みなさんの橋渡しになれれば。参加は無料です。どなたでもお気軽にお越しください」。出会った人を輝かせるパワーが、萬さんには溢れています。

※海外を拠点とする起業家ネットワーク


伊勢丹バンコク1階にある店舗。裏には、専用のドクタールーム(ベッド付き)を完備


PROFILE
萬 美代子
Miyoko Yorozu
1962年、宮城生まれ。日本の美容を海外へ発信するべく香港、ベトナム、カンボジア、ドバイ、シンガポールへ技術指導に赴く。上海を経て2016年、「Dr.Recella(Thailand)Co., Ltd.」立ち上げのためタイへ。WAOJE(ワオージェ)理事・なでしこ会担当。趣味は読書と食べ歩き。タイで好きな場所はルーフトップバー。


Dr. Recella
海洋深層水を使った
無添加化粧品シリーズ

石鹸やクレンジング、化粧水、保湿ジェルなどの販売に加え、カウンセリング・施術を実施。プロの美容専門家がそれぞれの肌に合った施術を行い、肌本来の機能回復へ導きます。

[問い合わせ]
Telephone:098-102-2764
Address:伊勢丹バンコク1階
Facebook:https://th-th.facebook.com/Dr.RecellaTH/


編集部より
「私が役に立てることがあるなら、美容でもなんでも協力したい」。そう話す萬さんの笑顔は眩しく、年齢を一切感じさせない若々しさ。会うといつも、本当の美しさは内側から発せられるものなんだと教えられます


この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP