ランニングと食を通して伝えたい
“健康と幸せ”の在り方


「世界で一番長い距離を走れる場所はどこだろう」。そんな想いから始まった
アメリカ大陸横断への挑戦。その夢を達成した勝山敦行さんが次に目指す、
ランニングの枠を超えた“健康と幸せ”への道すじとは。

 

2015年、アメリカ大陸を走って横断するという偉業に挑んだ勝山さん。ルート66を辿ったその距離は5019キロ。毎日70キロを走り続け、79日目でゴールを迎えました。さぞや満身創痍かと思いきや、ケガもなく倒れもしなかったというその背景には、20年の準備期間がありました。

もともとスポーツが苦手で走るのも遅かったという勝山さん。長い距離は走れたため距離を追求し、最長で200キロのレースに出場したことも。それでは飽き足らず、選んだのがアメリカ大陸でした。

「アメリカは大学時代に留学した国であり、日本とはまた違う型破りで自由な空気がとても刺激的で大自然も強烈に美しい。だからこそ走りたかったんです」。

こうして始まったアメリカ大陸横断への長い旅路。過去、同様に挑んだ人は数知れず。けれど、達成者はわずか500人。その難しさを知っているからこそ、並大抵の走力では無理だと、靴などの装備や食事、サプリメント、マッサージなど、いいと言われるものは全て試してきたそう。

そして15年目に出合ったのが、裸足で走る“ベアフットラン”。その気持ち良さにいたく感動するとともに、装備やモノに安易に頼るのでなく、裸足を含めた人間の身体機能を最大限に活かす走り方を取り入れるようになりました。それによって、無痛・無怪我でアメリカ横断を達成。「モノができることには限界があるが、ヒトの能力は無限大」だと、その効果を自ら証明したのでした。

夢を実現した後に
自分の“使命”に気づいた

「次は、どこを目指すの?」。アメリカ横断前から幾度となく投げかけられたこの質問。その答えが、ある人によって明確になったと勝山さんは言います。「こういうチャレンジをする人は、自分の“夢”の先にある“使命”を実行していく人なんだよ」。これは、かつて地球1周に挑んだ間寛平さんをアメリカ横断時にサポートし、勝山さんの横断時にもエールをくれた石川龍平さんからの言葉でした。

そうして掲げたのが、ランニングと食を通じた健康と幸せのサポート。「幸せの基盤となる健康は、食事などの一要因では手に入りません。運動、食、休息、精神状態。主に、この4つの調和が大切です。僕ができるカタチで、そのお手伝いをしたいと思ったんです。それが、多くの友人と妻に支えられたアメリカ横断への恩返しになるとともに、自分がなすべき夢と使命に繋がると思っています」。

現在は、自身が経営するヴィーガン(完全菜食)カフェを基点に活動中。世界中から、健康意識の高い人たちが訪れるといいます。また、今年にはカンチャナブリーにランナーズ合宿所を設営。少しずつ、想いが現実になっていますが、まだまだこれから、と勝山さん。

タイでは、ランナー人口が急増する一方で、知識がないままにランニングを始め、ケガや疲労で諦める人も少なくありません。勝山さんは、自らのランニング技術を伝える講習会を開くとともに、講演会やワークショップを通して夢と使命の大切さを伝えるなど、自身の経験を周囲に生かす取り組みにも力を入れています。

「ケガや疲労で走れなくなる人たちをこの世の中からなくしたい。また全く走れなかった人たちが痛みもなく、楽に走れるようになった姿を見るのは、何よりうれしいですね」。そう話す勝山さんの目は、遥か遠くを見つめていました。

シーナカリン大学の体育学部とともに“地域を巻き込んで”開催するラン&ウォーク講習会(月に1回)

 


PROFILE
勝山 敦行 Atsuyuki Katsuyama
「Bonita Cafe & Social Club」オーナー兼「Thailand 100 Miles Run Club」主宰者。1967年生まれ。大阪府出身。大学卒業後、パナソニック入社。日本、タイを含めた6カ国で勤務し、2012年退社。同年、タイに移住してカフェをオープン。20歳でランニングを始め、2015年アメリカ大陸を走って横断(日本人初となるルート66全行程走破を達成)。日本ルート66協会委員。

 


Bonita Cafe Social Club

Thailand 100 Miles Run Club

[問い合わせ]
BTSスラサック駅から徒歩10分強
Tel:081-355-6616
Tel:bonita.c.sc@gmail.com
Website:bonitacafesocialclub.wordpress.com


編集部より
現在、出版に向けてアメリカ大陸横断の日々を執筆中という勝山さん。文字に起こすことで新しい発見がいっぱい出てきたと目を輝かせるその姿は、まるで少年のよう。5大陸走破の実現を期待せずにはいられません。(M)

取材・文 山形 美郷
 


おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1.  事件が起きたのは6月22日の夜。バンコク郊外で帰宅途中の女性が突然、38口径の拳銃で胸を撃たれた。幸い女性は一命を取り留めたが、約1カ月半後、さらなる悲劇が襲う。殺害依頼の容疑で逮捕されたのはなんと、最愛の一人娘だったのだ。 「母の日」目前の8月9日、警察は実行犯の男2人と殺害を依頼した女1人を逮捕したと発表。女の名は被害者の実の娘ターイ(25)。事件当時は祖母を含む3人暮らしだった。  調べに対し娘は、「母の遺産で恋人を釈放させたかった」と動機を供述。事実、被害者は総額30万バーツの保険金と先祖代々の土地約8万㎡を有し、それらを相続できるのは娘のターイ容疑者ただ一人だった。また、交際相手のキッティポン(30)は現在、麻薬売買の罪で服役中。同容疑者と共謀して友人2人に殺害を依頼したと見られている。  世間は当初、このような愚行にさぞや驚いているだろうと哀れんだが、母親は自らが娘に殺害されることを予期していたという。自宅の水筒内でアリが大量死しているなど、2度も不可解な事件に遭遇していたためだ。しかし平静を装い、娘の動向を見守っていたのだという。  母のウアムドゥアンさんは「今はまだ娘に会いたくない。今後のことは法の裁きに委ねる」としながらも、「こんなことをされても、自分の子どもを嫌いになる母親なんていない」と、娘への慈愛の想いを吐露した。  再び母の大きな愛に気付かされた娘は今後、どう償っていくのだろうか。
  2.  「今年中に日本産の豚肉がタイのスーパーに並びますよ」と話すは、日本のある流通会社幹部。8月9日、日本の農林水産省は厚生労働省と連携してタイ政府当局との間で協議を進めていた、日本産豚肉の輸出解禁が決定したと発表。タイにおける他国産豚肉の輸入解禁は、日本が初めてだという。  さっそく、農水省では、対タイ輸出豚肉を取り扱いを希望する施設の認定手続きや、輸出検疫証明書の発行手続きなどを定めた「対タイ輸出豚肉の取扱要綱」を定め、自治体に通知。今後は、同要綱に基づいた施設の認定が行われ、輸出検疫証明書が添付された施設由来の豚肉のみが、タイ向けに輸出可能となるそうだ。つまり、世界的な知名度を誇る日本産の高級豚肉として、中でも、とりわけ有名な鹿児島産の黒豚が、タイでも食べられる可能性があるというわけだ。  同省によると、日本産の豚肉の輸出解禁への道のりは長く、日本政府は、2012年7月にタイ政府宛に輸出解禁を要請し、交渉を開始。18年2月には、タイの行政職員が鹿児島県の食肉施設の現地調査をするなどして、ようやく今年7月に合意にこぎつけたそうだ。安倍政権が農林水産物の輸出額を2019年中に1兆円に拡大する目標を掲げているだけに、これは大きな成果と言えるだろう。  前出の幹部は、さらにこう続ける。「ここからですよ。特に九州産の高級黒豚は、それだけで付加価値があります。他との差別化という意味で強いでしょう。ブランド牛を広めた手法が使えると思います」。  タイでは、鶏肉と豚肉の消費が多く、豚肉の1人あたりの年間消費量は、日本人の1.2~1.4倍。牛肉は、宗教上の理由や牛を食べる習慣がなかったことで浸透するのに時間がかかったが、豚肉はタイ人にとっては身近な存在。さらに、昨今のタイ人のブランド志向や品質にこだわる層が増えていることが、日本からの豚肉輸出の追い風となるに違いない。早ければ、年内にもスーパーに並ぶ可能性があるというから、今から待ち遠しい限りだ。
  3. 最高級A5ランクの日本産和牛を使ったユッケを、黒トリュフ、生卵との絶妙なハーモニーとともに楽しめます。肉は特殊機材で高い鮮度を維持しながら冷蔵の状態で輸入しているため、旨みが濃厚です。トリュフはイタリアの生産者から直接仕入れた上質なものだけを厳選しています。ご満足頂けること間違いなしのひと皿なので、ぜひご賞味ください。
  4.  仏教国タイには、男性は生涯に一度、仏門に入るという習わしがあります。出家した後に結婚し、家庭を持つことを幸せとし、両親は息子の幸せを願いながら送り出すのだそう。また、昨今では出家をしないという選択肢も増えつつありますが、出家によって父母が死後に天国に行けるという親孝行の意味も込められています。  出家期間は雨季の2週間〜3カ月。タイ企業には「出家休暇(ラー・ブワット)」と呼ばれる休暇制度があり、これを利用するのが一般的。近年は外国人向けのプランもあり、人気を博しています。 仏教国タイには、男性は生涯に一度、仏門に入るという習わしがあります。出家した後に結婚し、家庭を持つことを幸せとし、両親は息子の幸せを願いながら送り出すのだそう。また、昨今では出家をしないという選択肢も増えつつありますが、出家によって父母が死後に天国に行けるという親孝行の意味も込められています。  出家期間は雨季の2週間〜3カ月。タイ企業には「出家休暇(ラー・ブワット)」と呼ばれる休暇制度があり、これを利用するのが一般的。近年は外国人向けのプランもあり、人気を博しています。
  5. 何年か前、南青山三丁目の交差点にあった青山ベルコモンズが取り壊された。ベルコモと言えばあのバブル期にはお洒落なファッションビルのアイコン的な存在。渋谷のパルコなどと同様にちょっととんがった人たちが集まる場所だった。そんなベルコモだけではなく、古い建物が急ピッチで建て替えられるようになったのはここ数年のこと。それらはホテルやマンションになることがほとんどで、青山界隈だけの話ではないのだが。 不動産土地価格が高騰しているという話が話題にのぼるようになったのは、やはり東京オリンピックの開催が決定してからだ。もちろん都内だけではなく、札幌や横浜といった外国からの観光客に人気のある場所にも波及している。先日目にしたニュースはなんと宮古島だった。観光需要が急増し、宿だけではなく借家の家賃が高騰。1Kのアパートの月額家賃がなんと10万円ということだった。 新国立競技場にほぼ隣接する場所に新しいマンションが建築中だ。おそらく来年のオリンピック開催前には完成するのだろう。これは噂なのだが、その最上階のすべての部屋をある外国人がすでに買い占めたという。オリンピックは、やはり経済を劇的に変える妙薬かもしれない。これがまたバブルなのだとしたら、あまり大げさなはじけ方をしてほしくない。
  6. クリームチーズに豆腐が入っていますがクセがなく、軽い口当たりでお酒の肴にぴったりです。またハチミツをかけて食べるとさらにコクが増し一気にデザートに変身します。

今月人気の記事

PAGE TOP