母として、女性として
ママを輝かせる応援団に


醸し出す柔らかな空気感と、芯のある凛とした眼差し。
2児の母であり、プロンポンの「hair CRAFT ZAN」でアートディレクターを
務める米倉早香さんに、働くママとしての想いを語ってもらいました。

 

スクンビット・ソイ39の住宅街に佇む「hair CRAFT ZAN」。オープンから11年を迎える人気のヘアサロンで、アートディレクターとしてタイ人スタッフの指導にあたる米倉早香さんは、地元の高校卒業後、美容学校を経て東京で美容師として働いていました。

タイを初めて訪れたのは2006年。その時は、それが人生の転機になるとは想像もしていませんでした。

もともと、(ZANの)オーナーのお父さんとは、日本で知り合いだったと言い、「会いに行く名目で(笑)タイへ旅行に来ました。私が美容師をしているという話はしていたのですが、それから1年後に電話があり、『バンコクで2号店を出すので、手伝いに来てほしい』と言われた時には驚きましたね」。

突然のオファーに、最初は冗談だと思っていた米倉さん。しかしその後も、猛プッシュの電話は続きます。返事に迷っていたところに、背中を押してくれたのは、米倉さんの父親でした。「父に相談したら、『行ってこいよ』の一言。短い言葉でしたが、なぜかそれで安心して、タイに来ることを決めました」。 その後、2008年に米倉さんは指導者として来タイ。技術的な面はもちろん、タイ人と日本人にある、仕事に対する意識などの違いに、当初は戸惑いも多かったそう。タイ人スタッフとのコミュニケーションや指導方法など、試行錯誤を繰り返す毎日で、来て3年は余裕もなく、ガムシャラな日々を送っていました。

結婚、出産、仕事との両立
母となって見えてきたもの

その後はタイの暮らしにも慣れ、仕事が順調に進み、友人であった旦那様と結婚。11年には、長男の航志朗(こうしろう)くん、その5年後には長女の維月(いつき)ちゃんが生まれます。

幼い2人の子どもを育てながらのお仕事。さぞかし大変ではと尋ねたところ、「子どもと離れて働くことは、私にはプラスになっていると思います。自分の時間を持つことで、頭も気持ちも切り替えができますし、何より仕事が好きなんでしょうね。予定日の数週間前まで働いていたんですよ」と屈託なく笑います。

「逆に、お子様とずっと一緒にいるお母さんは、すごいなと思いますね。休む暇なく家事をしなきゃいけないですし、毎日が戦争だなと。うちは、一人目が産まれた時から夫がかなり手伝ってくれていますが、それがなければとてもやっていけなかったと思いますね」。そう旦那さんへの感謝の言葉を口にします。

出産後は、仕事面にも変化が現れました。老若男女、多くの人が訪れるZANには子どものいる女性も多く、共通の話題で盛り上がるなど、独身時代より密なコミュニケーションを取れるようになったと言います。時には、先輩ママさんからのアドバイスに助けられることもあるとか。

そして、子どもが生まれて分かったのは、タイは“子育てのしやすい国”だということ。 「タイの人はみんな子ども好きですし、メイドさんを雇うこともできますよね。日本に比べて、お子様のいらっしゃる女性でも働きやすい環境だと思います」。 チャンスがあれば怖がらず、一歩を踏み出してほしい自分の歩みを振り返り、真っ直ぐな目でそう語ります。

「輝くママを応援したい」という米倉さんのもとを訪れた後は、髪だけじゃなく心もきっと元気をもらえることでしょう。

航志朗くんと維月ちゃんと3人で。米倉さんの元気の源!

 


PROFILE
米倉 早香 Sayaka Yonekura
「hair CRAFT ZAN」アートディレクター。1979年生まれ。佐賀県出身。在タイ9年。同店の2号店立ち上げに伴い、2008年に来タイ。以降、技術の向上と後進の育成など、タイ人スタッフの指導に務める。現在は一男一女の母。書道の師範免許を持つ。リフレッシュ方法は家族で美味しいものを食べること(みんなが揃ってご飯を食べる時が週に1回あるかないかなので貴重な時間です)。

 


hair CRAFT ZAN
フジスーパー3号店から徒歩1分
火曜日はレディースデー!

一人ひとりの雰囲気に合わせた、様々なスタイルを提案。老若男女に愛される評判のヘアサロン。
[問い合わせ・ご予約]
Tell:084-757-8622(日本語)


編集部より
子育てや来タイ時の苦労話もあっけらかんと語る米倉さんの明るさに、終始引き込まれる1時間。気負いのない彼女の言葉に、輝き続けるためのヒントを見つけた気がしました。(Y)

取材・文 山形 美郷


おすすめ記事

  1. タイ料理特集2019 - バンコクの名店13軒をご紹介 タイ料理特集2019 – バンコクの名店13軒をご紹介
  2. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  3. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  5. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ブリーラム県に住む女子高生のフォンさんに悲劇が起きた。8月24日、母親がランチのために近所の料理店で購入した10バーツのソムタムを食べたところ、25日の午前4時頃、激しい下痢の症状に襲われた。薬を飲んで一時的に回復したものの、同日12時ごろに再発。その後、ショック状態となり心肺が停止し、病院に運ばれたが、ついに目を覚ますことはなかった。  母親は記者に対し、「その日、娘が食べたのはそのソムタムだけ。原因は生の『プラーラー』のせいだと思う」と涙ながらに訴えている。プラーラーは魚を塩漬けにし、発酵させた調味料で、主に東北部イサーン地域で使われている。記者が問題の店を調査したところ、プラーラーの中にウジ虫が入っていたという。店主のサムルアイさんは「毎日、市場で生のプラーラーを仕入れている。イサーン人にとってウジ虫がいるのは美味しい証拠。危なくない」と話す。  同県保健所の検死では、腸の激しい炎症による敗血症と脱水症状であると判明。フォンさんは過去に腸の病気での治療歴があり、ソムタムの検査結果がまだ出ていないことから、同保健所はソムタムを原因と判断するのは時期尚早と説明する。  一方、食品の基準法令では、虫などの異物混入は禁止されている。「ウジ虫がいるのは美味しい証拠」という店長の主張は、現代の衛生管理基準においては改める必要がありそうだ。
  2. 空港というのは“いい気”に満ちているという。その理由は人が移動する所には活発な気運が集まるということらしく、それが空港であればなおさらだと思う。これから空を飛んで海外へ移動する人々が集まるわけだから、当然なのかもしれない。  さて、今ちょうど成田空港の出発ロビーで原稿を書いているのだが、数年前に比べて外国人の数は格段に増えているように感じる。空港内のインフラもどんどん更新されていて、Wi-Fiが簡単に繋がるようになったのはもちろん、スーベニアショップやレストランの充実ぶりにも目を見張るものがある。これはもちろん東京オリンピックを見据えてのことだと思うが、日本だってやればできるのである。保安設備もさらにアップデートされるそうだが、素晴らしく進歩を遂げたのがトイレのユニバーサルデザイン化だ。まだ完成途中だがその片鱗はすでに垣間見ることができ、変な話だがとても過ごしやすい空間となりそうな予感がする。  東京オリンピックが、いろいろな形でいろいろな場所を進化させていく。あの震災をきっかけにしてなんとなく暗かった成田が、もっと“いい気”に満ちてきそうなのは嬉しいものだ。
  3. タイの国旗は赤・白・紺色の3色5本の横縞から成る三色旗で、「トン・トライロング」と呼ばれています。これは王朝史上初の海外留学を果たした国王ラマ6世によってデザインされ、1917年より導入されました。赤は「国家」、白は「仏教」、紺色には金曜生まれの国王の誕生色を用いることで「王室」の意味が込められ、中央に配された紺色の帯は他の4本よりも2倍の幅があります。  またタイには1日2回、国歌を流す習慣がありますが、併せて毎日8時に国旗を掲揚し、18時に降納することも定められています。
  4. 日本ではあまり馴染みがありませんが、毎年旧暦の8月15日は「中秋節」と呼ばれる中国の伝統的な祝日です。「春節」などと並ぶ四大祭として知られ、タイでも中国系の人々を中心に、華やかなお祝いムードに包まれます。  今年は9月13日にあたる当日は家族団らんで食卓を囲み、美しい月を愛でるのが一般的です。また、満月に見立てた大きな「月餅」を家族で分け合って食べると、絆が一層強くなると信じられているのだとか。今年は中華街などに足を運び、お祭り気分を味わってみてはいかが?
  5. ころんと愛らしい俵型がお気に入り。箸を入れると衣の美味しい音が響いて、とろ〜りとクリームが溢れ出すんです! これぞ料理人の匠の技。いやぁ、いい仕事してますね!
  6. 現在、タイの貧困家庭数は124万世帯に上り、人口の約6.6%を占める。「福祉カード」などの対策も講じられるが、決して十分とは言えない。  都内バンスー地区のデパートで3日、54歳の女性が寺院への募金から現金160バーツを盗み取ったとして現行犯逮捕された。女性には13歳と12歳の子どもがおり、動機について「子どもたちにご飯を食べさせる金が欲しかった」と供述しているという。  女性は夫と死別して以来、10年以上に渡り女手一つで子どもたちを育ててきた。某飲食チェーンに勤め、日給は300バーツ。痛風を患いながらも家計を支えてきた。母の逮捕を知った息子は「貧しくても盗みはいけないと諭していた母がなぜ…」とやるせなさを滲ませた。また、娘は悲嘆に暮れつつも「お母さんが寂しがるだろうから、私も一緒に逮捕してほしい」と涙ながらに警察に訴えた。  このような場合、通常5,000バーツの罰金または10日間の福祉活動が課せられる。しかしインターネットを通じ事件の背景が拡散された現在、一家の元には多額の支援金が寄せられ、保釈金も賄われたという。  さらに、社会開発・人間安全保障省のジュティ大臣が母親に対し新たな仕事の斡旋などを約束した他、有志が月々3,000バーツの教育費を負担。母親は涙ながらに感謝と反省の弁を述べ、「世間の善意を子どもたちの未来のために役立てたい」と語った。人々の助けを受け、新たな一歩を踏み出した親子の前途が明るいものであることを願ってやまない。
  7. カオサン通りの近くにある「パートンゴー」は、タイ語で「揚げパン」を意味する店名の通り、タイ風揚げパンの専門店です。2018年のミシュランガイドに掲載された実力派として名を馳せています。同店では、パンを揚げた後、さらに焼くことで余分な油を落とし、クリスピーな食感に仕上げています。中でもオススメしたいメニューが「パートンゴー・アイス」。チョコやバニラなど自家製アイスの甘さと、揚げパンのサクサク食感が相性抜群です。一度お試しを!

今月人気の記事

  1. 多数のメディアに紹介され、タイの王族も来店したことがあるという中華料理店「ペ・フーチャラーム」。特にオススメなのが、魚の浮袋入りスープ「クラポプラー・ナムデーン」です。甘じょっぱく、とろみがかかったあんかけスープに、プルプル食感の浮袋、シイタケ、カニの身がたっぷりと入った一杯は絶品です。リーズナブルな価格もさることながら、昼から深夜1時まで営業しているのも嬉しいポイント。ぜひ一度、足を運んでみて!
  2. タイ料理特集2019 - バンコクの名店13軒をご紹介
  3. ブリーラム県に住む女子高生のフォンさんに悲劇が起きた。8月24日、母親がランチのために近所の料理店で購入した10バーツのソムタムを食べたところ、25日の午前4時頃、激しい下痢の症状に襲われた。薬を飲んで一時的に回復したものの、同日12時ごろに再発。その後、ショック状態となり心肺が停止し、病院に運ばれたが、ついに目を覚ますことはなかった。  母親は記者に対し、「その日、娘が食べたのはそのソムタムだけ。原因は生の『プラーラー』のせいだと思う」と涙ながらに訴えている。プラーラーは魚を塩漬けにし、発酵させた調味料で、主に東北部イサーン地域で使われている。記者が問題の店を調査したところ、プラーラーの中にウジ虫が入っていたという。店主のサムルアイさんは「毎日、市場で生のプラーラーを仕入れている。イサーン人にとってウジ虫がいるのは美味しい証拠。危なくない」と話す。  同県保健所の検死では、腸の激しい炎症による敗血症と脱水症状であると判明。フォンさんは過去に腸の病気での治療歴があり、ソムタムの検査結果がまだ出ていないことから、同保健所はソムタムを原因と判断するのは時期尚早と説明する。  一方、食品の基準法令では、虫などの異物混入は禁止されている。「ウジ虫がいるのは美味しい証拠」という店長の主張は、現代の衛生管理基準においては改める必要がありそうだ。
PAGE TOP