【中国】国慶節・中秋節、観光は前年8割回復、上海ディズニーなど人気

【亜州ビジネス編集部】

国慶節・中秋節の大型連休(1〜8日)も終盤を迎えた中国だが、各地で観光市場が回復傾向を鮮明にしている。各省で旅客数が前年同期の80%以上の水準を回復し、一部では90%以上に達する地域もあるという。

観光地では上海ディズニーランド、武漢黄鶴楼などが人気が高いという。香港メディアが7日伝えた。

旅行の傾向としては、近距離、短期間の国内旅行を選ぶ人が多い。また、感染対策としてマイカーやレンタカーで旅行する人も増えている。

また、旅行予約サイト最大手の携程旅行網(トリップドットコム)が発表したデータによると、個別の観光地では上海ディズニーがオンライン予約数でトップ。これに武漢黄鶴楼、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地が続いた。

一方、連休も終わりを迎えて、各地の鉄道や高速道路でUターンラッシュが始まっているようだ。貴州省の省都・貴陽では、北京、上海、広州といった主要都市に向かう高速鉄道の6〜8日乗車分チケットがすでに完売。また、北京や南京などの地域では6日午後に高速道路でUターンラッシュが見られた。


亜州ビジネスChina
https://ashu-chinastatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top