在タイ日系企業を検索!
  1. コーディネートの醍醐味はいくつかありますが、その中でも色を意識してみるとコーディネートの楽しさはさらに広がるものです。例えばネイビー。この色は信頼、誠実、知性などを表す色とされ、特にビジネスにおいては相手に良い印象を与えるとされています。日本人の方でも着用する人が多く、何にでも合わせやすいため、一着はおさえておきたい色だと言えるでしょう。そしてグレー。都会的なイメージを与えながら、上品でお洒落な印象を醸し出すため、幅広いコーディネートを楽しめる色とも言えます。ビジネス、カジュアルを問わずに大人の定番カラーといったところでしょうか。お洒落を引き出すカラーとも言われています。 そして、「他の人とちょっと違う感じにしたい」または「気分をアゲていきたい」という人が行き着くとされるのが茶系色。茶にもいろいろな色調があり、ベージュ、ブラウン、キャメルなどがその代表格。土や木を連想させることから、人にぬくもりや安心感を与える色とされています。このようにトップスに組み合わせる色によって、人の印象は大きく変わります。その日の気分に応じて、少しだけ色の差を意識してコーディネートの幅を広げてみる。また新しい自分に出会えるかもしれません。

    色の差で雰囲気が変わるコーディネートの楽しみ。

  2. 髪にシワができるって本当?

  3. 工房高橋の“クラブ選びで差をつけろ!”

    ユーティリティを使っている人を多く見かけますが、 どうやって選べばいいのでしょうか?

  4. スプーンで食べる揚げないコロッケ - マルコメ商品を使ったお料理レシピ
  5. 当店のフライ技術を駆使した大ぶりのエビフライをはじめ、唐揚げやウインナー、ポテトサラダなど王道メニューを揃えたボリューム満点の「お子さまランチ(10歳以下)」はいかがですか? 見ただけで胸踊るプレートにはジュース・味噌汁・おもちゃが付き、子ども連れのお客さまに好評です。大人の皆さまは、バラエティ豊かなとんかつメニューをぜひご賞味ください。
  6. 匿名をいいことに、特定の個人を節度なく罵倒する。インターネット上で後を絶たないこうした悪質な行為に、一人の女優が反撃を開始した。
  7. ソーセージ&豚皮揚げ入り ソムタム・・・ 90B
  8. 感度の高いタイの若者の間で再注目を浴びるのが、チャトゥチャック区にある「バンコク現代美術館(MOCA)」です。
  9. 日本では高齢化社会というキーワードがメディアを賑わすようになってだいぶ経つが、タイにおいても同じ問題が浮上してきて久しい。
  10. 毎年10月23日は、「チュラロンコーン大王記念日(ワン・ピヤマハラート)」と呼ばれる国民の祝日です。ラマ5世ことチュラロンコーン大王(1868〜1910年10月23日)は、42年の在位期間中に数々の「チャクリー改革」に着手。
  11. 男の着こなしを語る上で欠かすことのできないのがジャケット。
  12. CALLAWAYやHONMA、FOURTEENなど15を超えるトップブランドの商品を取り扱うバンコク最大級のゴルフアイテム販売店。クラブやウエア、帽子、アクセサリに加えてクラブを調整できる「フィッティングセンター」が特徴。

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

おすすめ記事

  1. CALLAWAYやHONMA、FOURTEENなど15を超えるトップブランドの商品を取り扱うバンコク最大級のゴルフアイテム販売店。クラブやウエア、帽子、アクセサリに加えてクラブを調整できる「フィッティングセンター」が特徴。 Transview Golfって?
  2. Rajawongse Clothierって?
  3. 仕立て歴10~30年のスーツテイラーが多く在籍するバンコクの紳士服店。仕立てが丁寧なことからリピート率が高く、多くの日本人から絶大な信頼を集めている。 New Stitches Tailors って?
  4. その目“オンライン疲れ”してませんか? 今こそブルーライトカット・メガネを!
  5. PARK LANE TAILORSって?
  6. コロナ対策特集
  7. オフィス家具、文具、事務用品販売をはじめ、オフィス構築から空間デザインまで幅広く手掛ける「KOKUYO INTERNATIONAL(THAILAND)」。タイに進出する日系企業をはじめ、オフィスや働き方提案から家具調達、内装工事、ICT工事までをワンストップで行っている。ニューノーマルとともに、オフィスのあり方が変わりつつある昨今。今後の展開などを押川宣比古マネージングダイレクターに聞いた。 KOKUYO INTERNATIONAL (THAILAND)「スタッフの成長…

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top