1. フォーマルウエアの代表格・タキシードは、タイでも流行り廃りのない黒色が主流。商品発表会やレセプションなどあらゆるビジネスシーンに応用でき、日本にいるよりも圧倒的に着る機会が多いことからぜひ一着は抑えておきたいアイテムです。  しかし価格やデザインだけで選ぶのはNG。良質なウール地は発色が良く艶やかな光沢感があるのに対し、安価なポリエステル地はのっぺりとした質感で安っぽく見えてしまいます。タキシードは素材選びからと心得て、大人の“こなれ感”を演出してみては。

    新作シャツでビジネスシーンを、もっとお洒落に。

  2. タイ人の髪がキレイで艶やかなのは何故?

  3. そば処・山形県の素朴な田舎そばを、かつおダシの風味豊かなつゆにくぐらせお召し上がり頂けます。 やや硬めで喉越しが良く、噛むごとに深い味わいを感じられるはずです。他にも「いも煮」「山形だし冷奴」といった同県の郷土料理を揃えていますので、 地酒と一緒にご賞味ください。

    【米澤】山形そば

  4. トラブルのきっかけとなった曲は、昨年3月にYouTubeで配信されたタイの大衆歌謡・ルークトゥンの「レーク・クーイ・タン・アムポー・プア・トゥー・コン・ディアウ(あなたのために、他の人と話すのをやめた)」。
  5. 鴨肉のソース煮込み ・・・・200B
  6. 香りがよく、愛らしいジャスミンの花。タイでは年間を通じて目にすることができます
  7. 5年ぶりに民政移管を果たし、プラユット政権が発足して早1年。うち3分の1は非常事態宣言に係るが、これまでに経済は言わずもがな、障害者手当の増額や低所得層を支援する福祉カードの導入といった社会政策にも着手
  8. 工房高橋の“クラブ選びで差をつけろ!”
  9. フォーマルウエアの代表格・タキシードは、タイでも流行り廃りのない黒色が主流。商品発表会やレセプションなどあらゆるビジネスシーンに応用でき、日本にいるよりも圧倒的に着る機会が多いことからぜひ一着は抑えておきたいアイテムです。  しかし価格やデザインだけで選ぶのはNG。良質なウール地は発色が良く艶やかな光沢感があるのに対し、安価なポリエステル地はのっぺりとした質感で安っぽく見えてしまいます。タキシードは素材選びからと心得て、大人の“こなれ感”を演出してみては。
  10. 「悪いことをしたらシーウィに喰われてしまうよ」。その昔、いたずらをした子どもに親たちはそう諭したという。“シーウィ”とは、幼児6人を殺害してその肉を食べた罪で死刑に処され、“タイ史上最悪の殺人犯”と恐れられた中国人男性シーウィ(Si Quey)さんのことだ。
  11. 絶妙の火加減で仕上げたトロトロの卵と、地鶏本来の濃厚な旨みをお楽しみ頂ける当店の看板メニューです。老若男女に愛される自慢の丼をぜひご賞味ください。他にも地鶏料理をはじめ、酒の肴にもってこいの一品料理を種類豊富に用意して、皆さんのご来店をお待ちしています。
PR
  • 熱コンサルティングの雄が 高効率ボイラの自社リース開始
    熱コンサルティングの雄が 高効率ボイラの自社リース開始

おすすめ記事

  1. オフィス家具、文具、事務用品販売をはじめ、オフィス構築から空間デザインまで幅広く手掛ける「KOKUYO INTERNATIONAL(THAILAND)」。タイに進出する日系企業をはじめ、オフィスや働き方提案から家具調達、内装工事、ICT工事までをワンストップで行っている。ニューノーマルとともに、オフィスのあり方が変わりつつある昨今。今後の展開などを押川宣比古マネージングダイレクターに聞いた。 KOKUYO INTERNATIONAL (THAILAND)「スタッフの成長…
  2. 「Thai Craft Workshop」って?
  3. Empire Tailorsとは?
  4. 日本で話題の「美酢」って…?
  5. 日本企業の海外展開支援、特に現地の人材育成に尽力する「一般財団法人 海外産業人材育成協会」。現在タイで活躍する要人の中には、同協会の研修制度から巣立った人も少なくない。先行き不透明な社会に対し、今どんな支援ができるのか。バンコク事務所の和田所長が、現状と課題について語った。 AOTS 海外産業人材育成協会「日・タイ・ASEANを“人材”で支える」和田有平…
  6. 同社は食品・化学を中心とする全産業に関連する「粉粒体」器機の専業メーカーだ。アイシン産業グループのグローバル化に伴い、アジア地域のハブとして2018年5月にタイ現地法人を設立。新型コロナウイルスに揺れるタイで、今、何が必要なのかを中村義彦代表に伺った。 AISHIN INDUSTRIAL (THAILAND)「名臣無くれば、名君無し…
  7. 日本初のポテトチップス量産化に成功した「湖池屋」。タイでは2012年から協力会社を通じて「カラムーチョ」の販売を開始し、今やコンビニやスーパーの定番商品となるまでに成長した。 またさらなる市場拡大に向け、18年11月には現地法人を設立。 その舵を取る小峯剛代表取締役社長に、今後の戦略を尋ねた。 KOIKEYA (THAILAND)「私が活躍しないほうが事業はうまくいく」 小…

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top