【タイ】バンプーネクスト、都心でFOMM車のカーシェア開始

【亜州ビジネス編集部】

石炭大手バンプーの再生可能エネルギー子会社バンプーネクストは10月29日、FOMM(本社:川崎市幸区)の小型電気自動車(EV)によるカーシェアリングサービスの拠点をサムヤンミッドタウンに設けたと発表した。50台のEVを導入した。24時間体制で車両の受け取り、返却、充電を受け付ける。利用者はホープカーのアプリを通じて、短期では1時間単位から、長期では1カ月単位で車両を借りられる。若者の利用を見込む。

使用する車両数を年内に100台に倍増させる計画。将来はバンコク都内や地方主要都市でサービス拠点を増やす。

バンプーは昨年、FOMMの株式21.5%を取得している。バンプーネクストとホープカーは今年5月、医療従事者を対象としてFOMMのEVを使用した無償のカーシェアサービスを開始していた。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top