【ベトナム】Jパワー、南部カインホアでガス火発開発を計画

【亜州ビジネス編集部】

南部カインホア省の人民委員会は12日、電源開発(Jパワー)が省内のニントゥイ工業団地でガス火力発電所の開発を計画していることを明らかにした。

コンバインドサイクル方式の発電所で、総出力は3000メガワット(MW)。総額32億米ドルを投じて2期に分けて建設し、2025年にも第1期分の商業運転を開始する。

同社の代表と人民委の幹部が11日に会談し、計画について話し合った。発電所は1500MWの2基で構成し、第2期は28年以降の商業運転開始を予定。

人民委の幹部は、住友商事が省内で開発を進めている「バンフォン1石炭火力発電所」とともに、電力安定化への貢献に期待できると述べた。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top