【タイ】財務省、EV物品税の見直し指示

【亜州ビジネス編集部】

アーコム財務相は13日、電気自動車(EV)関連の物品税引き下げを検討するよう財務省物品税局に指示したことを明らかにした。販売価格を引き下げることで普及拡大を図りたい考え。同日付プラチャーチャート・トゥラキットなどが伝えた。

同相はほか、省エネ家電の優遇に向けた物品税制の見直しや、塩分の高い食品に対する課税の検討も指示した。

EVの物品税は、投資委員会(BOI)から投資認可を受けたメーカーの場合、2022年末まで免除され、その後の税率は2%となる。投資認可を受けていない企業には8%の税率が適用される。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top