【シンガポール】日本ピグメント、子会社を解散へ

【亜州ビジネス編集部】

樹脂コンパウンドメーカーの日本ピグメント(本社:東京都千代田区)は13日、樹脂コンパウンドと樹脂用着色剤を製造販売するシンガポールの完全子会社、日本ピグメント(S)を解散すると発表した。解散理由については、「同国内の市場動向や事業環境などに基づき総合的に判断した」としている。

同子会社は1979年設立で、資本金1350万シンガポールドル(約10億5000万円)。2019年の売上高は513万シンガポールドル、純利益は6万シンガポールドル、年末時点の総資産は2750万シンガポールドル、純資産は2503万シンガポールドルだった。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top