【タイ】12月2日にモーターエキスポ開幕、販売30%減予測

【亜州ビジネス編集部】

12月2日にインパクトで開幕する自動車展示販売会「第37回タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ」について、主催のインターメディア・コンサルタンツ(IMC)は、自動車の販売台数が前年開催の第36回に比べ30%少ない2万5000〜3万台にとどまるとの予測を示した。新型コロナウイルスの流行がマイナスに影響するとみている。16日付プラチャーチャート・トゥラキットなどが伝えた。

販売総額は350億〜370億バーツ、来場者数は100万人を見込む。前回はそれぞれ500億バーツ、150万人だった。性別では来場者数は男性が6割と半数を超えるものの、購入者の比率は男女5割ずつになるとみている。

会期は来月13日まで。自動車31ブランド、バイク20ブランドが出展を予定している。会場はバンコク北郊ノンタブリ県の展示会場「インパクト」。開催に先駆け、今月15日から専用のウェブサイトで「モーターエキスポ・オンライン・プラットフォーム」を公開し、情報提供などを行っている。

https://www.motorexpo.co.th/


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top