【タイ】日通、日本向け輸送で陸海複合の新サービス

【亜州ビジネス編集部】

日本通運は17日、トラック輸送と海上輸送を組み合わせたタイ発日本向けの複合輸送サービスを開始した。

シンガポール経由とマレーシア経由の2種類を提供。タイなど東南アジア発の海上貨物で貨物船のスペース不足やコンテナ不足の状況が続き、輸送遅延などの問題が発生していることから、出発港を分散させて輸送ルートを確保する。

シンガポール法人の南アジア・オセアニア日本通運を通じてサービスを提供する。マレーシア経由はタイからクアラルンプール近郊のクラン港までトラック輸送し、クラン港から日本の主要港まで海上輸送する。シンガポール経由は、同様にシンガポールまでのトラック輸送と同国からの海上輸送を組み合わせる。

バンコクから東京港までの最短所要日数は、
マレーシア経由が16日、
シンガポール経由が14日となる。

日本通運グループが運送状を発行し、発地から着地まで一貫して輸送する。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top