【カンボジア】工場新設、20年は2割減の221カ所

【亜州ビジネス編集部】

カンボジア工業・科学・技術革新省によると、2020年に国内で開所した工場の数は221カ所だった。19年に比べ18%減少したことになる。

一方、新型コロナウイルス関連を理由に閉鎖した工場は100カ所だった。クメールタイムズが7日付で伝えた。

新設工場の生産品目は、繊維製品やハイテク機器、ソーラーパネルなど。一方、閉鎖された工場は繊維などが多かった。年末時点の国内工場数は1853カ所となり、1年間で約100カ所増加。全体で労働者90万人が雇用されている。

20年のカンボジア開発評議会(CDC)による投資認可数は178件、投資額は41億4700万米ドル。多くは繊維産業だった。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top