【タイ】工場の排ガス監視強化、対象を全国に拡大へ

【亜州ビジネス編集部】

スリヤ工業相は、工場への連続排ガス監視システム(CEMS)の設置に関する規制を強化するよう工業省工場局に指示したことを明らかにした。

大気汚染の改善に向け、CEMSの設置対象を全国に広げるほか、違反者には罰則を科す方針。来年初頭の施行を目指す。1月29日付プーチャッカーンなどが伝えた。

2001年に制定した現行の省令では、CEMSの設置対象を東部ラヨン県のマプタプット工業団地やパデン工業団地、アジア工業団地などで操業する工場に限っている。

対象外のエリアで自主的に設置している工場もあり、現在の設置数は工場79カ所の煙突228本。今回進めている省令改正では、全国に対象を広げることから、対象が工場600カ所の煙突1200本以上に広がると見込まれている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top