【中国】宅配貨物100億件突破、今年はわずか38日間

【亜州ビジネス編集部】

中国で宅配貨物量の拡大が持続している。今年累計の宅配貨物配達数は、2月7日時点で100億件の大台を突破した。

年初来からの100億件到達は、2019年の79日間、20年の80日間から21年の38日間にまで短縮化されている。国家郵政局郵政業安全監管信息システムの情報内容として、経済日報が伝えた。

商務部、工業情報化部、国家市場監督管理総局、国家郵政局、中国消費者協会が共同主催した春節(旧正月)用品のオンライン販促キャンペーン「網上年貨節」(1月20日〜2月18日)では、販促が始動した1月20日以降だけで5100億人民元(約8兆3200億円)以上が売り上げられている。全国の宅配貨物数量は、前年同期比3割超のペースで伸びた。

春節が接近するなか、宅配貨物量は増大し続ける見通し。宅配大手の郵政EMS、順豊、京東物流、中通、圓通、申通、韵達、百世、徳邦、極兔などが連休期間中の「不休業」を相次ぎ宣言した。


亜州ビジネスChina
https://ashu-chinastatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top