【シンガポール】三菱ケミカル、MMA事業の本社機能を集約

【亜州ビジネス編集部】

三菱ケミカルは、アクリル樹脂原料となるMMA(メタクリル酸メチル)の事業の本社機能をシンガポール法人に集約すると発表した。

意思決定の一元化・迅速化などにより、経営基盤を強化する。

本社機能をシンガポールに集約するとともに、各国の中核会社の社名を4月1日付で「三菱ケミカルメタクリレーツ」を含むものに変更する。

シンガポールの現地法人ルーサイト・インターナショナル・シンガポールは、社名を三菱ケミカルメタクリレーツ・シンガポールに変更。同法人がサプライチェーン管理を含む本社機能を担う。

三菱ケミカルのMMA事業は、各国でモノマーの11拠点、ポリマー(アクリル樹脂)の6拠点を展開。これまで日本や英国で本社機能を担っていた。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top