【ベトナム】双日とビナミルク、牛肉加工・販売で合弁設立

【亜州ビジネス編集部】

双日は9日、乳業最大手ビナミルクのグループ会社と合弁で牛肉製品の加工・販売会社を設立すると発表した。

ビナミルクの販売網や双日の畜産製品販売ノウハウを持ち寄り、高品質な牛肉製品をベトナム国内で販売する。

来月をめどに合弁会社ジャパン・ベトナム・ライブストックをハノイ市に設立。双日が49%、ビナミルクグループのベトナム・ライブストック(VILICO)が51%を出資する。

双日は今回の事業を皮切りに、ベトナムで手掛けている多くの事業でビナミルクとの協業を図る方針。同国では肥料製造や飼料製造、製粉、食品卸売り、総菜製造、コンビニエンスストア運営、4温度帯物流など多岐にわたる事業を手掛けている。

同社によると、ベトナム国内の牛肉消費量は年間で約50万トンと、日本の半分程度にとどまる。ただ、今後は人口の増加や所得水準の向上により、消費の拡大が見込まれている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top