【中国】ファーウェイ5G特許使用料、スマホ1台上限2.5ドルと初公開

【亜州ビジネス編集部】

中国の通信機器メーカー最大手、華為技術(ファーウェイ)は16日、自社の第5世代(5G)移動通信サービス必須特許に関する使用料を初めて公開した。

同社技術を使用する対応スマートフォン1台当たり、最高で2.5米ドル(約270円)を徴収。端末の価格に応じて、合理的な比率で徴収する方針だ。複数メディアが伝えた。

ファーウェイはこれまでも必須特許の使用料を徴収していたが、基準は公開していなかった。

同社知的財産権部の丁建新・部長は、2019〜21年の特許使用料収入が約13億米ドルに達するとの見通しを表明。関連収入は5G技術の研究開発に再投入する方針を示している。

報道によると、ファーウェイが今回発表した使用料は、ノキアやエリクソンなど競合各社を下回る水準。ノキアは1台当たり最高3ユーロ(約390円:18年時点)、エリクソンは1台当たり2.5〜5米ドルを徴収しているという。


亜州ビジネスChina
https://ashu-chinastatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top