【タイ】日鉄エンジと大ガス、スパイバー工場に用役供給

【亜州ビジネス編集部】

日鉄エンジニアリングと大阪ガスは1日、クモ糸の遺伝子から新素材を開発するスパイバー(本社:山形県鶴岡市)が東部ラヨーン県に設けた工場に電力や蒸気、冷水などユーティリティーを供給すると発表した。工場構内に供給設備を設けて操業・保守を請け負う。

合弁会社NS-OGエナジー・ソリューション(タイランド)(NEST)を通じて事業を行う。

ボイラーなどの蒸気供給システムや、液化天然ガス(LNG)気化設備、受変電設備、冷凍機などのエネルギー供給設備に加え、給水設備や計装空気設備、産業用ガス受入設備などを含むユーティリティー供給設備全体を一体的に運営管理する。

工場はイースタンシーボード工業団地で先月末に開所。繊維などの原料となる構造タンパク質を発酵生産する。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top