【ベトナム】2大空港の入国停止を撤回、民間航空局

【亜州ビジネス編集部】

ベトナム民間航空局(CAAV)は1日、ハノイとホーチミン市の国際空港における入国を引き続き許可すると発表した

新型コロナウイルス感染拡大を受け、ハノイのノイバイ空港では今月1日から7日まで、ホーチミン市のタンソンニャット空港では14日まで外国からの乗り入れを禁止するとしていたが、これを撤回した格好。1日付各紙が伝えた。

CAAVは航空会社に国際便の乗り入れを通達した。ただ再開の理由は声明では明らかにしていない。

なお航空関連では、ベトナム航空がこのほど、国際航空運送協会(IATA)が提供する新型コロナウイルス関連のデジタル証明アプリ「IATAトラベルパス」を導入すると発表。ベトナムの航空会社としては初めてで、6月に試験運用するとしている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!


PAGE TOP
Top