【シンガポール】豊田通商、日本郵船の船舶にバイオ燃料供給

【亜州ビジネス編集部】

豊田通商は6月29日、日本郵船がシンガポール港で運航するばら積み船向けにバイオディーゼル燃料(BDF)の試験供給を実施したと発表した。

シンガポールで日本企業の外航船舶向けにバイオ燃料の供給を行うのは船舶燃料業界初の試みという。

傘下の豊田通商ペトロリアムを通じて、STS(シップ・トゥー・シップ)方式で供給した。供給したバイオ燃料は、シンガポール産の廃食油由来のもの。

地産地消に近い形のサプライチェーン構築を図りつつ、循環型経済にも貢献する取り組みとなる。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/

この記事をSNSでシェア!


PAGE TOP