【中国】ホンダ中国販売、史上最速ペースで累計1500万台達成

【亜州ビジネス編集部】

ホンダ中国現地法人の本田技研工業(中国)投資有限公司は12日、中国の四輪車累計販売が1500万台に達したと報告した。

1999年1月の販売開始以来、22年6カ月での達成となり、ホンダのグローバル地域別販売としては史上最速ペースでの達成となっている。

加えて、ハイブリッド車の累計販売についても、2016年の販売開始以来、4年7カ月で50万台の大台に乗せた。

1998年に中国での四輪事業を開始して以降、ホンダは「ACCORD(アコード)」、「CR-V」などのグローバルモデルに加えて、「CRIDER(クライダー)」など、中国のユーザーニーズを踏まえて開発した中国専用モデルを投入。環境に優しく、操る喜びに溢れた商品を提供してきた経緯がある。

2016年にはホンダ独自の高効率ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をアコードに搭載し、ハイブリッド車の販売に乗り出した。高次元の走行性能と環境性能を両立するi-MMDならではの価値を多くのユーザーに届けるべく、ラインアップの拡大を推進。現在では9車種のハイブリッドモデルを投入している。さらに今年2月には、ホンダとして中国初となるプラグインハイブリッドモデル「CR-V PHEV」の販売を開始するなど、電動車のラインアップを一層拡充している。

持続可能な社会の実現に向けて、ホンダは2050年「カーボンニュートラル」、「交通事故死者ゼロ」という目標を掲げている。なかでも電動化やICV進化がいち早く進む中国では、向こう5年以内に10車種のホンダブランドEVを投入するなど、電動化・知能化を一層加速させ、顧客に喜ばれる商品・サービスの提供にチャレンジする構えだ。


亜州ビジネスChina
https://ashu-chinastatistics.com/

この記事をSNSでシェア!


PAGE TOP