【アセアン】NEC、印との光海底ケーブル受注

【亜州ビジネス編集部】

NECは、東南アジアとインドを結ぶ光通信用の大容量海底ケーブル敷設事業「MIST」にシステムを供給すると発表した。

NTTグループが主導する特定目的会社OLL(本社:シンガポール)と供給契約を締結。2022年末の完成を見込む。

MISTの総延長は8100キロメートル。シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマー、インドを結ぶ。

最新の光伝送方式を採用し、設計容量は216Tbps(テラビット/秒)以上。デジタル分野への投資が加速するアジアの通信需要拡大に対応するという。

NECは、過去50年以上にわたって海底ケーブルシステム事業を手掛け、延べ30万キロメートルを超える敷設実績がある。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top