【タイ】8月、バンコク首都圏の新築住宅発売戸数は1万超

【亜州ビジネス編集部】

不動産コンサルタントのエージェンシー・フォー・リアルエステート・アフェアーズ(AREA)の発表によると、2020年8月のバンコク首都圏の新築住宅発売戸数は1万265戸となり、うちコンドミニアムが全体の45%を占める4624戸で最多だった。コンドミニアムはこれまで新型コロナウイルス流行の影響で発売を控える動きが広がっていたが、6カ月ぶりにタウンハウスを上回った。14日付プラチャーチャート・トゥラキットなどが伝えた。

タウンハウスは3480戸、戸建て住宅は1202戸だった。全体の発売戸数は前月比で2倍以上に増えた。

販売総額は81%増の372億5300万バーツ(約1260億円)。1戸当たりの平均価格は452万バーツから363万バーツに20%低下した。タイ人の実需に合わせた300万バーツ以下の物件が6218戸と全体の61%を占めたことが、平均価格の低下につながったようだ。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!
    独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top