Bumrungrad International HOSPITAL- 医療のプロフェッショナルを束ねる 強さと思いやりを兼ね備えたリーダー

医療のプロフェッショナルを束ねる
強さと思いやりを兼ね備えたリーダー

Chief Executive Officer
Artirat Charukitpipat
アティラット・チャルキピパット
柔軟性、革新、そして思いやり。そんなバリューを掲げながら、バンコクの中心部で世界一流の医療を提供する「バムルンラードインターナショナル病院」。1980年の設立以来、40年以上にわたり世界中から来院する患者をサポートしている。この東南アジア最大規模の私立病院の革新性とビジョンを、CEOのアティラット・チャルキピパット氏にインタビューした。


CEOに就任した経緯について

薬学の他、人材マネージメント、戦略的マーケティングなどを大学と大学院で学び、薬剤師としてキャリアをスタートさせました。薬剤師をまとめるマネージメントなどに携わることを通じて、医療現場における経験を積み重ねました。私のキャリアにおいて特に重要だったのは人材を束ねていく仕事。アドミニストレイターとしての実績も、自分の中で大きな自信となっています。

 

バムルンラードに入職したのは今から10年前です。やはり人材に関わる業務に関わってきた期間が長く、それを経て2018年にCEOに就任しました。

 

病院にとって大切なこととは?

ヘルスケアの現場というのは、医師や看護師をはじめとしたプロフェッショナルの集団です。そのようなさまざまなプロをまとめ上げていくことがとても重要なことになります。彼らそれぞれのカルチャーや価値観を理解した上で、そんな優秀な人材と病院を橋渡しするのが私の使命だと考えています。

 

病院にとって医療テクニックや設備などはもちろんとても大切なこと。ただ、それ以上に重視しなければならないことがチームワークです。ですからこのようなプロフェッショナル集団を束ねてきた自分の経験を生かして、さらに病院を良くしていく道を切り拓いていくことが仕事だと思っています。

 

コロナ禍への対応は?

今の状況は社会的にパンデミックと言われていますが、病院としては初めてのことではありません。例えばSARSやMARSもパンデミックでしたから、それらの経験をもとに基本的な危機管理は準備出来ていました。

 

ですから今回のパンデミックが起きた時も、約1ヶ月で準備を整えることができました。医療資材のストックから緊急対応時の流れ、スクリーニングを含めたファシリティなど、患者様に安心と安全を届けるための条件を揃えました。5つのスクリーニングポイントや1フロアを全てネガティブプレッシャールーム(負圧室)とするなど万全の体制を敷いています。

 

在タイ日本人にとっての
バムルンラード病院とは

当院はJCI認証をタイで初めて取得。これは国際基準を満たしたワールドクラスの医療機関としての証です。またICUの専門家であるインテンシブドクターが多数在籍するのも当院の特徴。そんなクオリティが認められ、ニューズウィーク誌の「世界の病院200」に、タイの病院で唯一ランキングされています。

 

さらに、ジャパンデスクを常設したり日本語通訳もおりますので、日本人の患者様にとって言葉の心配もありません。また、4000人の職員のうちの300人がフルタイムで勤務する医師、そして1000人がパートタイムのドクター。このような万全な体制を整えて、在タイの日本人の皆様に安心して受診していただける病院となっています。

 

リーダーとしての指針は?

リーダ−の視点として、物事へのアプローチに、女性ならではのしなやかさを生かそうと思っています。特に病院という現場では常に思いやりを持って行動したり判断することが重要です。ですから、バムルンラードのこの大きな組織をマネージメントしていくにあたって、医師を含めたスタッフ一人ひとりのスキルを理解して、最大限に活用することが大切だと考えています。

 

また、リーダーにはパッションが必要です。私自身のことで言えば薬剤師でありビジネスパーソンでもありますが、そこだけに情熱を傾けるのではなく、いつでも患者様や部下に寄り添えるような心持ちで、バムルンラードの舵を切っていけたらと思っています。

 

プライベートショット

Bumrungrad International HOSPITAL
02-011-3388(日本語24時間対応)
33 Sukhumvit 3, Bangkok 10110
https://www.bumrungrad.com/jp
国際的な認証を受け、多彩な専門科を抱える総合病院。1989年からタイ証券取引所に上場。東南アジアでも最大規模の私立病院であり、年間190カ国以上の国から110万人以上の患者が訪れる

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP