タイで歯が痛くなったらどうしたらいいの?
2022〜2023年!タイの歯科治療

日本では虫歯治療や歯科検診で定期的に歯医者へ行くことが多く、また保険が適用されるので安心して歯医者へ通うことができます。

一方、タイ滞在中に歯が痛くなったらどうしようと心配になったことはありませんか?「日本と同じような治療が受けられるの?」「治療費はどのくらいかかるの?」「保険は適用されるの?」などいろいろな疑問があるかと思いますが、心配ご無用です。タイの歯科治療の技術は高く、日本語対応可能な病院も多く、日本と変わりない環境で治療を受けることができます。

タイで歯医者に行きたいときはどうしたらいいの?

まずはどんな症状であるのかを医師にしっかり伝えるためにも、日本語対応可能な歯科医院に行くことをおすすめします。
また、事前に予約をしておくのが安心です。予約なしで来院してしまうと、当日は予約でいっぱいで治療が受けられなかったり、待ち時間が発生してしまう場合があります。
ネットやLINEでも予約を受け付けている歯科医院も多いですが、確実に予約するなら電話予約がオススメ。

歯医者へ行く際に必要なもの

  • パスポート(不要な場合あり)
  • 日本の国民健康保険と社会保険(加入している場合は保険が適用され、日本に帰国した際に治療費の一部が還付されます)

一番上へ戻る