【タイ】国営石油PTT、国内初の海上太陽光発電

【亜州ビジネス編集部】

国営石油PTTは6日、国内初となる海上太陽光発電システムを東部ラヨーン県にある自社の港湾施設内に設置したと発表した。

試験事業として出力100キロワット(kW)の設備を運営。今後は他社にも売り込むという。

傘下のPTTタンクターミナルがマプタプット地区で操業する港湾施設内に設けた。グループの技術を集結しており、パネルを浮かべる「フロート」は、傘下の石油化学大手PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)が開発した樹脂を使用。紫外線に25年間耐えられる上、衝撃にも強いという。傘下の発電会社グローバル・パワー・シナジー(GPSC)が設計・設置を担当した。

発電した電力はPTTタンクが事務所で使用。電気料金を年39万バーツ節約できると見込む。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top