【マレーシア】首都圏で「条件付き活動制限令」を施行、27日まで

【亜州ビジネス編集部】

政府は12日、首都圏で14〜27日に新型コロナウイルス対策の活動制限を再び強化すると発表した。感染者が増えているためで、クアラルンプールとスランゴール州、プトラジャヤの全域で「条件付き活動制限令(CMCO)」を施行する。

在マレーシア日本国大使館によると、域内で地区をまたぐ移動が原則禁止となり、仕事で移動する場合は雇用者からの許可証などが必要になる。

また、生活必需品を購入するための外出が制限され、学校や礼拝所などは閉鎖。スポーツなどの活動も認められない。ただし、工場の操業など全ての経済活動は通常通り行えるとされている。

政府は6月に規制を緩和していたが、再度強化する。国内では9月以降、感染者数が拡大傾向にあり、現地紙によると10月12日には563人の新規感染が確認された。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top