【タイ】ステンレス鋼板のAD税を5年延長、日本製など

【亜州ビジネス編集部】

商務省の反ダンピング(AD)に関する委員会は10日の会議で、日本と台湾、韓国から輸入される冷延ステンレス鋼帯・鋼板へのAD税適用を5年間延長することを決めた。

輸入品の販売価格が依然として不当に安く設定されており、撤廃すれば国内産業に損失を与えると判断した。AD税率は日本製が50.92%、台湾製が0.00〜33.99%、韓国製が50.99%。同日付各紙が伝えた。

同日の会議ではほか、日本の1社から輸入する熱延鋼帯・鋼板について、AD税率を見直す方針を固めた。同社からの訴えを受け、現在の36%から引き下げる。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top