【フィリピン】東京センチュリー、リース合弁を子会社化

【亜州ビジネス編集部】

東京センチュリーは19日、アヤラ財閥系商業銀行のフィリピン・アイランズ銀行(BPI)と合弁のリース会社BPIセンチュリー・トーキョー・リース・アンド・ファイナンスを連結子会社化すると発表した。

同行が保有する株式2%を取得し、出資比率を51%に引き上げる。残り49%は同行が引き続き保有する。事業が順調に拡大していることから、子会社化で同行との協業を加速する。

BPIセンチュリーは1970年設立で資本金8090万ペソ(約2億円)。東京センチュリーが2014年に株式49%を取得し、合弁会社となった。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top