【マレーシア】10月の新車販売5%増、5カ月連続でプラス

【亜州ビジネス編集部】

マレーシア自動車協会(MAA)が18日発表した2020年10月の国内新車販売台数は、前年同月比5.2%増の5万6670台だった。

10月半ばから首都圏やサバ州で新型コロナウイルス対策の厳格な活動制限令が発動したが、各社の新モデル投入や販促キャンペーンが奏功し、前月比でも0.4%増加した。国営ベルナマ通信などが伝えた。

セグメント別にみると、乗用車は前年同月比5.7%増の5万1795台、商用車は0.2%減の4875台だった。

生産台数は全体で5万8631台となり、前年同月から5.1%増加。前月比では12.8%増と、6カ月連続で前月を上回った。乗用車は前年同月比5.5%増の5万5063台、商用車は0.4%減の3568台だった。

1〜10月の全体の販売台数は前年同期比19.9%減の39万8159台。乗用車は20.2%減の36万1803台、商用車は16.9%減の3万6356台だった。生産台数は全体で22.2%減の37万4494台。乗用車は21.2%減の35万4944台、商用車は37.5%減の1万9550台だった。

MAAは、11月の新車販売が10月から落ち込むと予想する。プルリス州とパハン州、ケラタン州を除く全州で厳格な活動制限令が敷かれることが理由。新型コロナ流行と活動制限令の状況が新車販売に与える影響は大きく、厳格な制限令が敷かれた3〜5月は販売が大幅に落ち込んだ。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top