【ベトナム】日本通運、南部ドンナイ省で医薬品物流の認証取得

【亜州ビジネス編集部】

日本通運は14日、南部ドンナイ省の多機能倉庫で医薬品物流の品質認証である「GDP」を取得したと発表した。

増加が見込まれる欧州からの医薬品輸入や、日系医薬品メーカーによる事業展開に対応。また、既にGDP認証を取得している各国のグループ各社と連携し、サービスを展開する。

アマタシティー・ビエンホア工業団地の多機能倉庫「アマタ・ロジスティクス・センター」で、航空・海運貨物フォワーディングと道路輸送、倉庫サービスについて認証を取得した。同倉庫は現地法人のベトナム日本通運が運営している。

■シンガポールでもGDP取得

日本通運は、シンガポールのチャンギ国際空港内にある同社の施設でも航空輸出入サービスについてGDPを取得したと発表した。同国には多くの世界的な製薬会社が研究開発(R&D)や製造の拠点を構えており、今後も医薬品の輸出入が増加すると見込んでいる。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top