【ベトナム】JESCOがハノイ企業と提携、北部でEPC強化

【亜州ビジネス編集部】

電気設備工事のJESCOホールディングス(本社:東京都新宿区)は25日、地場同業のPEICOコンストラクション(本社:ハノイ市)と業務提携したと発表した。ハノイ地域で日系企業などの工事受注実績が豊富なPEICOと組むことにより、同地域での設計・調達・建設(EPC)事業を強化する。

業務提携の内容には、ハノイでの協業や人材交流・活用・育成面での協力、資本関係の検討が含まれる。JESCOはハノイでこれまで現地法人を通じて設計・積算業務を中心に事業を展開する一方、電設工事は主に南部のホーチミン市で実績を積んできた。

PEICOは2007年設立。電設工事や土木工事を手掛け、19年の売上高は4億8800万円、同年末の総資産は1億9200万円だった。これまでキヤノンやホンダなどの現地工場の電設工事を手掛けたほか、JESCOが設計施工したハノイのノイバイ国際空港第2旅客ターミナル新築工事の電設工事を担当した実績もある。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top