【カンボジア】国内で初の原油生産開始、タイ湾の海上油田

【亜州ビジネス編集部】

シンガポールの石油開発会社クリスエナジーは12月29日、カンボジアのタイ湾沖にあるアプサラ油田で28日に原油生産を開始したと発表した。

カンボジア国内で初の原油生産となる。1日当たり生産量は2月半ばに7500バレルに達する見通し。

同油田の権益比率は同社が95%、カンボジア政府が5%。これまで5つの開発井の掘削に着手しており、うち1つで原油の生産に成功した。生産の安定化に向け、残り4つでも掘削を急ぐ。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top