【タイ】20年のホンダ、乗用車市場でシェア27.5%に上昇し首位

【亜州ビジネス編集部】

ホンダの現地法人ホンダ・オートモービル(タイランド)は11日、2020年の新車販売台数が前年比26%減の9万3041台だったと発表した。

新型コロナウイルス流行の影響で大幅減だったものの、乗用車市場ではシェアが27.5%に上昇し、首位だったという。

車種別では4部門でシェアトップだった。

◆サブコンパクトカー部門では5万1375台を販売し、市場シェア31%
(内訳は「シティ」が3万5807台、「ジャズ」が1万5568台)

◆コンパクトカー=「シビック」と「シビック・ハッチバック」が計2万9台、市場シェア62%

◆中型セダン=「アコード」と「アコード・ハイブリッド」が計5265台、市場シェア50%

◆大型スポーツ多目的車(SUV)=「CR-V」が5374台、市場シェア51%


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top