【シンガポール】JR東日本、ロボットバリスタの企業に出資

【亜州ビジネス編集部】

JR東日本のシンガポール法人、JR東日本東南アジア事業開発は12日、コーヒーの提供を自動化する「ロボットバリスタ」を開発した新興企業クラウン・テクノロジーズに出資したと発表した。出資額は明らかにしていない。日本の「駅ナカ」事業で活用する。

ロボットの名称は「エラ」で、1時間に200杯のコーヒーを淹れることができる。非接触型ロボットで、7月の東京五輪の開始前にJR東日本の複数の駅でテストマーケティングを行う。

クラウン・テクノロジーズが大型出資を受けたのは初めて。創業者のキース・タン最高経営責任者は「わが社の存在が広く認識される出来事」と述べた。

双方向デジタルスクリーン、モバイルアプリ注文システムなどを組み込んでおり、常時動作を追跡し異常を未然に防ぐ。予想分析技術を利用し在庫を補充する。

JR東日本東南アジア事業開発の大見山俊雄代表は、密閉した室内で作業するため、ウイルス禍の環境でも安全が確保されると述べた。

クラウン・テクノロジーズは年内に日本とシンガポールで30台を設置する計画で、22年末までには500台の展開を目指す。事業拡大のため資金調達にも乗り出す。

(提供:AsiaX

http://www.asiax.biz)


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top