【インドネシア】協和エクシオとJICT、通信設備シェア事業に出融資

【亜州ビジネス編集部】

協和エクシオと海外通信・放送・郵便事業支援機構(JICT)は18日、インドネシアで屋内通信インフラのシェアサービスを手掛ける協和エクシオの現地子会社に出融資を行うと発表した。共同で最大22億円相当を拠出し、第4世代(4G)通信向け設備の増強を支援する。

JICTは同日に日本の総務大臣の許可を得た。両社合弁の特別目的会社(SPC)を新設し、共和エクシオの現地子会社に資金を提供する。今回の出融資で現地子会社は、同分野でインドネシア最大規模の企業になるという。東南アジア各国への進出や日本へのノウハウの逆輸入も視野に入れており、将来はアジアトップを目指す。

インドネシアでは通信インフラ整備の重要性が高まっている一方、各通信キャリアが資産圧縮や効率化を進めており、屋内通信インフラのシェアリングサービス利用が増えているという。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top