【タイ】ヤマハのバイク販売、20年は8%減の24万台

【亜州ビジネス編集部】

ヤマハ発動機の現地法人タイヤマハモーターは、2020年のバイク販売台数が前年比7.6%減の24万台だったと発表した。

新型コロナウイルス流行の影響などで国内需要が落ち込む中、前年に続いて販売が縮小。ただ、市場全体に比べて減少幅が小さく、シェアは15.8%に上昇した。21年は新モデル投入などにより、販売台数25万3000台、シェア16.5%への引き上げを目指す。

21年のバイク市場は153万台となり、前年の152万台を上回ると予測。

ヤマハは新モデル5車種を投入するほか、販売店のサービス強化やオンラインマーケティングの積極展開などにより、販売拡大を図る。若者向けのオートマチック車や、スポーツ車などの販売比率を高める。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top