【マレーシア】パナソニックがケダ工場売却へ、太陽電池生産から撤退

【亜州ビジネス編集部】

パナソニックは1日、ケダ州クリムの太陽電池工場の売却を検討すると発表した。

太陽電池生産から撤退するためで、2021年度中に生産を終了する。現地法人のパナソニックソーラーエナジーマレーシアは清算する。

工場では太陽電池ウエハー、セル、モジュールを一貫生産してきた。現法の清算に伴い、従業員には割増退職金の支払いや再就職の支援などを行う。

パナソニックは日本の島根県の工場でも21年度中に太陽電池の生産を終了する予定。国内外での太陽電池販売は、生産委託や外部調達で継続する。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top