【シンガポール】日立ABB、仮想発電所に蓄電ソリューション

【亜州ビジネス編集部】

日立製作所の送配電網子会社、日立ABBパワーグリッドは4日、シンガポールの仮想発電所(VPP)向けにバッテリー蓄電ソリューションを提供すると発表した。

分散型エネルギー源を監視・制御し、電力を安定化させるもので、これまで累計500メガワット(MW)、200件以上の事業で導入実績がある。

納入先はシンガポール初のVPPで、開発に携わる政府系コングロマリット(複合企業)のセムコープ・インダストリーズと南洋理工大学(NTU)エネルギー研究所から提供元として選定された。ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたソリューションを提供する。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top