【マレーシア】王子HDが段ボール新工場、首都圏で22年稼働

【亜州ビジネス編集部】

王子ホールディングスは9日、首都圏セランゴール州に新たな段ボール工場を建設すると発表した。投資額は約50億円。来年6月にも稼働を開始し、今後の需要増に期待できる中部地区で事業拡大を図る。

段ボールの製造拠点は、建設中も含めマレーシア国内で10カ所目、東南アジア・インド・オセアニア地域で35カ所目となる。

完全子会社のGSペーパーボード&パッケージングが工場を設ける。敷地面積は7万7000平方メートル。月産能力は1000万平方メートルを計画している。

マレーシアでは現在、段ボール原紙マシンの増設も進めている。工場は中部と北部に3カ所ずつ、南部に2カ所の計8カ所を操業。また、南部のジョホール州では国内9カ所目となる工場の建設を進めており、来年初めにも稼働させる。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top