【タイ】横浜ゴム、東部でタイヤ金型生産を増強

【亜州ビジネス編集部】

横浜ゴムは12日、東部ラヨーン県でタイヤ生産用金型の生産能力を増強すると発表した。

タイヤ金型を生産する子会社ヨコハマモールドが、現地法人ヨコハマモールド(タイランド)の工場を増強。ラヨーンの拠点をより活用することで日本、中国と3拠点体制を確立し、東南アジアで供給の安定化を図る。

先月に着工しており、今年末の完工を予定。生産の多元化でサプライチェーンが強靭化されることから、今回の事業は、日本貿易振興機構(ジェトロ)の「海外サプライチェーン多元化等支援事業第三回公募(設備導入補助型)」に採択されている。

同現地法人は2018年設立。日本やタイ、フィリピン、インドなどのグループの生産拠点に乗用車用とライトトラック用タイヤの金型を供給している。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top