【マレーシア】三菱電機、FA機器サービス拠点を来月開設

【亜州ビジネス編集部】

三菱電機は15日、首都圏スランゴール州ペタリンジャヤの現地法人内にファクトリーオートメーション(FA)機器のサービス拠点を設けると発表した。来月1日に業務を開始する。

日系企業が多数進出し、FA機器の需要が高まる現地に拠点を設けることで、より迅速かつ柔軟な顧客対応を可能にする。

現地法人の三菱電機セールス・マレーシア内に「マレーシアFAセンター」を開設。日本人1人を含む21人の技術者が、FA機器に関するトレーニングや技術相談、システム提案などを行う。

これまでシンガポールの「アセアンFAセンター」がマレーシア国内も担当していたが、現地化によってタイムリーなサービス提供を図る。国内では電気・電子や自動車、食品・飲料など幅広い業種でFA機器のサービスに対する要望が高まっているという。

三菱電機は昨秋、フィリピンの現地法人内にも同様の拠点を開設。東南アジアではほか、タイとインドネシア、ベトナムにも展開している。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top