【インドネシア】東亜建設工業、国営ワスキタの建材子会社と提携

【亜州ビジネス編集部】

国営建設大手ワスキタ・カルヤ(WSKT)の建材子会社ワスキタ・ベトン・プレキャスト(WSBP)は、東亜建設工業と業務提携すると発表した。

浚渫や埋め立て、港湾開発などの事業実施の際に協力する。ワスキタ・ベトンはプレキャストコンクリート製品の販売拡大につながると見込む。先週に覚書(MOU)を締結した。

ワスキタ・ベトンは今年、7兆8800億ルピア(約593億円)相当の受注を目指している。内訳はグループ内の事業が21%、外部事業が79%。外部事業は政府機関や国営・民間企業からの受注を見込む。

東亜建設工業は、昨年末に一部完成した西ジャワ州スバン県のパティンバン港の建設工事に参画している。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top