【カンボジア】古河電工など地中送配電網を受注

【亜州ビジネス編集部】

電気設備エンジニアリングのマレーシア企業ペステック・インターナショナルは16日、同社と古河電気工業のコンソーシアム(企業連合)が、カンボジアで地中送配電網を受注したと発表した。

受注額は事業のうち一部が22億1946万円、残りが1994万米ドル。プノンペン市周辺で230キロボルト(kV)の送電網と22kVの配電網をターンキー方式で地中に建設する。

同日にカンボジア電力公社(EDC)から受注の通知を受け取った。送電線は53キロメートルを使用。配電網は19キロメートルにわたって構築する。着工・完工の時期は今後の交渉で決める。EDCにとって、230kVの地中ケーブル設置事業は初めてという。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top