【タイ】ヤマト、小口保冷配送の国際規格を取得

【亜州ビジネス編集部】

ヤマトホールディングスは、素材最大手サイアム・セメント(SCC)との合弁会社、SCGヤマトエクスプレスが、小口保冷配送サービスの国際規格「ISO23412:2020」を取得したと発表した。

昨年5月に発行された規格で、タイでの取得は初めてという。同規格を持つ国内唯一の事業者として、安心安全な保冷宅配便サービスを提供するとしている。

同規格は小口保冷配送サービスのうち、荷物の積み替えを伴う輸送形態を対象としたもの。

車両に搭載されている保冷庫などの空間の温度管理を中心に、配送中の積み替え作業に関する要求事項が規定されている。SCGヤマトは1月初めに取得した。

ヤマトホールディングスによると、タイの宅配市場はここ数年間、前年比135%以上の成長率をみせており、新型コロナウイルスの流行下でさらに需要が伸びているという。SCGヤマトは2017年に保冷宅配便サービスを開始した。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top