【タイ】バンプーの電動トゥクトゥク配車、年内200台体制へ

【亜州ビジネス編集部】

石炭大手バンプーの再生可能エネルギー子会社バンプーネクストは、出資先のスタートアップが手掛ける電動トゥクトゥク配車サービスの車両数を年内に200台に増やすと発表した。サービスの提供拠点も増やし、拡大する需要に応える。

同サービスは、32%出資するアーバン・モビリティー・テックを通じて提供。現在はバンコク都内の6エリアで展開し、1000カ所の乗降地点を設けている。

車両数はまずバンプーの提供資金で100台に増やし、後に200台まで引き上げる。また、年内に乗降地点を2000カ所に倍増させる。

乗客はアプリで乗車場所や行き先、人数を指定し、支払いもアプリ上で済ませる。運賃が10バーツ(約35円)からと割安な点や、電動車の使用による環境負荷の少なさなどを売りに、利用者を増やしているという。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top